組手什 (くでじゅう)の紹介、情報です、
ブログ

昔のこと

余り材をいろいろ 模索の頃 2007~2009年

七輪を埋めて炉台を作っていた。のんべえのための。 胴縁材での試行が始まる。

2007~ 衝立。小断面材の利用。自分たちの企画で、自分たちの展示を、

組手什夜明け前、あれこれ模索していた頃。 某大学の、某教授からの注文。電話ボックスをー今は死語だね。 コナラの胴縁材を組んで製作。 電話ボックスと言えば、靴の受話器。同年代なら判る。元祖、スマートフォン。わっかるかな?

2016:組手什による熊本震災支援の報告を頂きました。

久木野地区の組手什寄贈活動 1 日 時 平成28年10月30日 2 場 所 熊本県南阿蘇町久木野地区 久木野総合センター 3 作 業 切り分けのクデ材と個々の設計による整理棚作製 4 参加者 九州森林インストラクター会3 …

2016:長者町、えびす祭り 夜景編

名古屋建築士協会さまのご縁で組手什の4mオブジェが。夜はライトアップされました。 当初は単に四角い筒でしたが、内部に仕切りが入ったようです。光が入ると色が変わって見えます、面白い効果です。    

昔:2016:熊本市へ組手什の震災支援で 2016年 0826のこと

8月26,27日に組手什を熊本へ届けました、県の林業技術研究所へ置きました。 熊本森林インストラクター会を訪ね、九州バイオマスフォーラムを訪ねました。 大津町の仮設住宅、西原村の仮設住宅を訪ねました。   皆様 …

1 2 »
2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGETOP
Copyright © ながさか木材 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.