ながさか木房」カテゴリーアーカイブ

ニワウルシ という木だそうな。 ブロック

カビ、ということで、捨ててしまおうかとおもっていたら、だんだんと良くなってきた。もう、手に入らないだろうな。

こういうのを心変わり、って言うのだろうか。

造園屋さんが、もちこんでくれた、結構大きな木だった。40cm径くらいあったかな。

 

20161002 03420161002 037

ニワウルシ3ニワウルシ6

ニワウルシ4

木房の、木工品いろいろ

栗のベンチ。 街路樹材を受け入れてた頃、栗の木を1本製材し、それを使ってつくった。組み合わせだけである。

これは、2018年現在、今でもある。 

IMG_5371 IMG_5373

鳥取で見つけた、椰子の刳り物。椰子の木は、細い繊維と充填物で出来ている。

40年前に、椰子の木の利用を研究していた。叩いたり潰したり蒸したりしてて、なじみがある。

椰子の器2 椰子の器3

組手什Z という組手什の次の開発物。長方形断面に、正方形断面を欠き込んだ。二方向からはめられる。

0820 025 20150108_0022

木のナイフカバー。 桜、コナラ、 ひのき、かな?

20150410 014 iph 064

格子組み。ラジアルソーがあると、いろいろ出来る。以下は、接合用の切り欠きと、対面に化粧用の切り欠きをしている。通常の格子だと、縦勝ち、横勝ちと、どちらかの直線が現れるが、これだと隠れて四角の集まりに見える。

右は、塗装してから切り欠いた物。

GEDC0277  GEDC0279

注文があって作った、七輪台。升目は空いているので、こぼすと落ちる。

GEDC0328 GEDC0345

ソーネ大曽根を訪ねる。

名古屋市北区山田町、公団大曽根住宅、ゆいまーる大曽根の1階に、コミュニティスペースが誕生。団地は、サービス付き高齢者住宅となって、その1階に、カフェ、売店、会議、イベント室などをしつらえました。ながさか木房では、家具、什器のお仕事を頂き、納めさていただきました。街路樹材を使ってモザイク状のテーブルをつくりました。

 ご鑑賞あれ!

IMG_9772IMG_9771IMG_9770

IMG_9746IMG_9742IMG_9669IMG_9668